INDEEDでは、主に直営店rusticaにてオーダーメイド製品を承っています。
ここのところオーダーされる方が増えてきていますが、これは目が越えたお客様が市販品では物足りないと感じているからと、長く使える革製品を自分が使いやすいようにカスタマイズして愛着を持って使っていきたいと考える方が増えてきているからだと感じています。

フルオーダーとなると価格は小物で7~8万円ほどから
バッグの作りが簡単なもので13万円~とやはり価格は高めになってしまいます。

INDEEDのオーダーメイドを担当するのは、バッグや小物の全てのジャンルに精通しているといっても過言ではない狩野氏。この道40年以上の経験豊富なデザイナーです。
お客様のイメージをお聞きし、その商品に合った素材やデザインを提案してお客様の頭に描くものを具現化していきます。素材やパーツ一つが変わるだけで全く別物になってしまう可能性がありますので、狩野氏はこの時間をもっとも大切にしています。
デザインが決定すると今度は職人との綿密な打ち合わせに入ります。長く一緒にタックを組んできた職人とデザイナー。その時間と経験でしか培われない勘というものが、大きく商品の出来栄えを左右します。
今まで直営店rusticaでお受けしたオーダーメイド製品は、ほぼお客様に合格点をいただいています。また、アフターフォローもさせていただいていますので、不具合が合った場合や、痛んできた場合の修理やメンテナンスも承っています。

 

今年の2月には、日本橋三越本店の2F鞄・革小物売場にてINDEEDとしてオーダーメイドのバッグや小物をお受けする体勢が整いました。INDEEDスタッフが常駐していますのでお気軽にお声かけください。

 

 

オーダーメイドには大きく分けて〈パターンオーダー〉と〈ビスポーク〉の2種類があります。

パターンオーダー

INDEEDの既存のコレクション製品に、素材やその組み合わせ、内装生地、金具などをお客様のお好みで載せ替えるものです。パターンオーダーでは、サイズや形、デザインの変更はお受けできませんが、独立したパーツであるハンドル、ショルダーベルトの仕様や長さなどの変更、簡単なポケットの追加などは可能です。
また、INDEED製品を生産する際に一緒に制作することでコストを押さえる手段をとりますので、納品までの時間を多めに頂く場合があります。

ビスポーク

ビスポークの語源は、顧客がテーラーに「話しを聞かれながら= be spoke」服を仕立てていくことに由来していると言われており、お客様と作り手が話し合いながら、出来るだけお客様の要望を具現化し、オリジナルの一点物を作り上げていくものです。
INDEED直営店『rustica』では、経験豊富なデザイナーと数回打ち合わせしていただいた後、この世で唯一無二の完成度の高い一品に仕上げてまいります。
素材は、INDEED製品に用いられているものやインポート革など、お客様のお好みにあった物をご用意させていただき、熟練の職人が裁断から縫製まで一貫して仕上げていきます。 完成までのお時間や価格等は素材・アイテム・仕様によって変わります。まずはイメージをお聞かせいただき概算見積もりをお出しします。その後、ご希望に沿ったデザイン画が完成した段階で最終見積もりと納期を提示させていただき、制作に取りかかるという流れとなります。

〈パターンオーダー〉と〈ビスポーク〉の大きな違いは『型紙変更』の有無です。

ほんの少しサイズを変えたいというご希望であっても、既存の商品のサイズ変更はすべてのパーツに影響しますので、型紙をほぼ作り直さなければなりません。たとえば、もう少しマチ幅を広くして中仕切りを増やしたいといった仕様やデザインの変更も、型紙に影響を及ぼすものはフルオーダーに近いケースとなります。

お受けできないアイテムなどもありますので、まずは電話やメールにてお気軽にご相談ください。

■オーダーメイドお問い合わせ窓口
INDEED直営店『rustica』

Tel: 03-3467-4005
E-mail: rustica@yes-indeed.com
〒151-0063東京都渋谷区富ヶ谷1-9-15
営業時間 11:00~19:00 定休/日祭日
オーダーメイド http://rustica-indeed.com/service/ordermade/

内容は重複しますが、INDEEDwebsiteのほうもご覧ください。
http://yes-indeed.com/order.html