Category: 得意先information

革新的!高島屋オリジナル“洗えるバッグ” No.2

42.195Km 走れるビジネスマン!と銘打った「2018 タカシマヤ クールクールビズ」

写真は、プロモーションの一環としてディスプレーされた日本橋高島屋のウィンドーです。 躍動感溢れる斬新なディスプレーですね♪ その上、スポーティーでありながらオンビジネス可能なきっちり感は表現されていて、蒸し暑くなりかけのこの時期にぴったりのディスプレーですね。高島屋さんの熱量が伝わってきます。

マネキンが背負っているのは、細身のシルエットがスタイリッシュなリュックサック。

素材は、創業100年を超える総合タンナー㈱山陽との共同開発で完成させた『防水革』を用いています。

『防水革』は、水をはじくとともに浸み込まないようにするために、革を作っていく過程でフッ素系樹脂を繊維に絡ませることで出来上がります。

それに対し、革の表面にワックスなどのコーティングをすることで水をはじく効果のある『撥水革』とは根本的に作り方が違い、水をはじく効果が早ければ数ヶ月で薄れていく『撥水革』に対し、『防水革』は若干効果は薄れるとしても半永久的に持続します。

今回の企画は『革の繊維に水が浸み込まない』=『洗っても平気な革』という論理のもと進行していきましたが、水をはじくということは、汚れもつきにくいというメリットもあります。

しかし、防水革ならすべて洗えるかというとそうでもなく、㈱山陽さんの100年以上蓄積されたノウハウがあるからこそ『洗っても平気な革』となっています。また、流通している『防水革』は薄手のものが多く、これだけの厚みの『防水革』はなかなか作れるものではないとのことです。

㈱山陽websiteはこちらから↓
http://sanyotan.co.jp/

バイヤーからこの企画のお話を伺った際に、始めは、『洗っても平気な革』を用いたからといって縫製物であるバッグで、本当に洗っても平気なものが作れるのか?という大きな疑問にぶつかりました。
そこで、縫製工場の社長さんとあーでもないこーでもないの議論を交わすうちになんとなく見えてきたのが、

“洗えるバッグ”にするための工夫

1、水により変化してしまう素材を使用しない。
2、内装生地をメッシュ素材にすることで洗った際に水が溜まることを防ぐ。
3、極力芯材を使用しない。

特にビジネス仕様のバッグは型崩れを防ぐため、見えない部分で芯材を工夫していますが、水分を含むと変化してしまう芯材は使用することが出来ないため、PVC素材やスポンジ系も発泡ポリエチレンを使用しました。

 

≪洗濯する際の手引き≫

洗濯する際は、外ポケットなどファスナー部分をすべて開けてから、適量の中性洗剤(おしゃれ着洗いや台所用洗剤など)を溶かした水かぬるま湯で、軽く揉み洗いしてください。十分にすすいだのち、出来るだけ水を切って(絞らず)型崩れが起きないような干し方で、風通しが良い場所で陰干しをしてください。内装生地や隅々まで完全に乾かいたことを確認してからご使用ください。
 部分的な汚れは、薄めた中性洗剤を含ませた布で叩くように拭き、その後、きれいな水でゆすいだ布を用いて完全に洗剤成分を取りいてください。

 

【高島屋限定】リュック 
SIZE:310×390×120(mm)
PRICE:48,600円
 COL:ブラック、ネイビー、ダークブラウン 、ホワイト、ブルーグリーン
■素材: 牛革(防水革 型押し )
■仕様: オープンポケット(外側0、内側1)、ファスナーポケット(外側2、内側1)
■内装生地:抗菌ナイロンメッシュ素材
■背面素材:抗菌ダブルラッセル(メッシュ素材)
■ファスナー:AquaGuard(YKK)生活防水ファスナー
■日本製


詳しくは、高島屋websiteよりご覧ください。
https://www.takashimaya.co.jp/store/special/coolbiz/items04.html

 

【高島屋限定】2ウェイブリーフ 
SIZE:400×300×90(mm)
PRICE:52,920円
 COL:ブラック、ネイビー、ダークブラウン
■素材: 牛革(防水革 型押し )
■仕様: オープンポケット(外側0、内側2)、ファスナーポケット(外側1、内側1)
■内装生地:抗菌ナイロンメッシュ素材
■背面素材:抗菌ダブルラッセル(メッシュ素材)
■ファスナー:AquaGuard(YKK)生活防水ファスナー
■日本製

詳しくは、高島屋websiteよりご覧ください。
https://www.takashimaya.co.jp/store/special/coolbiz/items03.html

革新的!高島屋オリジナル“洗えるバッグ” No.1

42.195Km 走れるビジネスマン!と銘打った「2018 タカシマヤ クールクールビズ」
4月11日(水)~高島屋各店・紳士服・紳士雑貨売場にて展開スタート!

INDEEDでは、バッグ2型を企画開発させていただきました。

 

高島屋websiteに青木バイヤーの開発秘話が掲載されていますので是非ご覧ください。
また、本気で走れるビジネスマンをめざし、ハイスペックなメンズアイテムに挑戦した高島屋のバイヤーたちの情熱は感動ものです!「夏に闘うビジネスマンを快適にしたい」という思いがヒシヒシと伝わってきます。

http://www.takashimaya.co.jp/store/special/coolbiz/spcontents.  html

 

 

 

【高島屋限定】NEW2ウェイブリーフ 
 PRICE:52,920円
COL:ブラック、ネイビー、ダークブラウン

■日本橋店・新宿店・横浜店・大宮店・大阪店・京都店・岡山店
※店舗により、一部取り扱いのないカラーもございます。

https://www.takashimaya.co.jp/store/special/coolbiz/items03.html

 

【高島屋限定】リュック 
 PRICE:48,600円
COL:ブラック、ネイビー、ダークブラウン 、ホワイト、ブルーグリーン

■日本橋店・新宿店・横浜店・大宮店・大阪店・京都店・岡山店
※店舗により、一部取り扱いのないカラーもございます。

https://www.takashimaya.co.jp/store/special/coolbiz/items04.html

 

時の経過と共に美しさを増す“レジーア”シリーズ

2004年の発売以来ロングセラーを続けている“レジーア”シリーズ。
昨年秋、革をイタリアDER PELL社の光沢が美しいショルダー革(牛の首~肩部分)に変更してリニューアル発売いたしました。

100%の植物タンニンでなめしを施した牡牛のショルダー部分を、全く染色していない状態から手染めにより色を重ねていく手間のかかる染色方法で仕上げています。この手法は、最も美しい透明感のある色合いを表現するために、古くからイタリアで用いられ受け継がれてきているもので、使用していくうちに艶が変化し、表情を変えながらいつまでも革らしさを保ち続ける革です。

DER PELL社のピエロ氏曰く、100%植物タンニン鞣し+獣脂で作られた革の特性は、仕上がり当初から非常に美しく、時の経過と共に更に美しさを増していくということです。30年前に奥様にプレゼントしたケースも、使い古されてますが、今でも風合いがとても美しいそうです。

また、イタリアでバッグが作られ始めたころは、革の染色技術が発達していなかったため、なめし加工(皮を腐らなくする加工)を施しただけのナチュラル色のクラスト状態で縫製し、出来上がってからブラシやスポンジで色を染めていたそうです。

バッグの前面の横に走る筋が「トラ」と呼ばれるもので、牛が生育していくうちに自然に作られた首から肩にかけてのシワです。深いものもあれば浅いものもあり、その一つとして同じものがない革の凹凸が、革好きにはたまらない景色と写ります♪
また、ショルダー革は常に動いている部位のため繊維質が丈夫に出来ているため、型崩れが少ないという特徴を持ちます。

 

JR名古屋タカシマヤ限定!地中海の深い海を思い起こさせるようなネイビー色が発売されました。少数でのお作りとなっていますのでお早めにチェックしてください♪

タカシマヤ通信『UOMO PRESS ウォモプレス』の表紙にも掲載されていますので、こちらもご覧ください。
http://www.jr-takashimaya.co.jp/digital_cata…/2018_03/uomo/…

「レジーア」シリーズがロングセラーを続けている理由は、軽さと使い勝手の良さだと考えています。その長所はそのままに、イタリアの魅力的な革と「肉盛り」「コバ磨き」といった職人ならではの技を融合させることで、気品と存在感あふれるバッグに仕上げています。
以前より修理で戻ってくる確立が少なかった「レジーア」シリーズです。ピエロ氏が言うように、時の経過と共に美しさを増し、味わいを深めていく経過をお客様もお楽しみいただき、長くご愛用いただければ幸いです。

 

公式オンラインショップ
https://shop.rustica-indeed.com/products/list?category_id=57

楽天オンラインショップ
https://item.rakuten.co.jp/rustica/c/0000000513/

 


INDEEDオフィシャルサイト
INDEEDフェイスブック

≪直営店≫
rusticaラスティカ   ラスティカ ホームページ 
〒151-0063 東京都渋谷区富ヶ谷1-9-15
phone&fax: 03-3467-4005
営業時間 11:00~19:00 定休日/日祝日

indeed博多阪急店 INDEED in FUKUOKA ブログ
〒812-0012 福岡市博多区博多駅中央街1-1 博多阪急6F INDEED
phone: 080-4104-4197
営業時間 10:00~20:00