Category: うんぬんかんぬんindeed (page 1 of 2)

時の経過と共に美しさを増す“レジーア”シリーズ

2004年の発売以来ロングセラーを続けている“レジーア”シリーズ。
昨年秋、革をイタリアDER PELL社の光沢が美しいショルダー革(牛の首~肩部分)に変更してリニューアル発売いたしました。

100%の植物タンニンでなめしを施した牡牛のショルダー部分を、全く染色していない状態から手染めにより色を重ねていく手間のかかる染色方法で仕上げています。この手法は、最も美しい透明感のある色合いを表現するために、古くからイタリアで用いられ受け継がれてきているもので、使用していくうちに艶が変化し、表情を変えながらいつまでも革らしさを保ち続ける革です。

DER PELL社のピエロ氏曰く、100%植物タンニン鞣し+獣脂で作られた革の特性は、仕上がり当初から非常に美しく、時の経過と共に更に美しさを増していくということです。30年前に奥様にプレゼントしたケースも、使い古されてますが、今でも風合いがとても美しいそうです。

また、イタリアでバッグが作られ始めたころは、革の染色技術が発達していなかったため、なめし加工(皮を腐らなくする加工)を施しただけのナチュラル色のクラスト状態で縫製し、出来上がってからブラシやスポンジで色を染めていたそうです。

バッグの前面の横に走る筋が「トラ」と呼ばれるもので、牛が生育していくうちに自然に作られた首から肩にかけてのシワです。深いものもあれば浅いものもあり、その一つとして同じものがない革の凹凸が、革好きにはたまらない景色と写ります♪
また、ショルダー革は常に動いている部位のため繊維質が丈夫に出来ているため、型崩れが少ないという特徴を持ちます。

 

JR名古屋タカシマヤ限定!地中海の深い海を思い起こさせるようなネイビー色が発売されました。少数でのお作りとなっていますのでお早めにチェックしてください♪

タカシマヤ通信『UOMO PRESS ウォモプレス』の表紙にも掲載されていますので、こちらもご覧ください。
http://www.jr-takashimaya.co.jp/digital_cata…/2018_03/uomo/…

「レジーア」シリーズがロングセラーを続けている理由は、軽さと使い勝手の良さだと考えています。その長所はそのままに、イタリアの魅力的な革と「肉盛り」「コバ磨き」といった職人ならではの技を融合させることで、気品と存在感あふれるバッグに仕上げています。
以前より修理で戻ってくる確立が少なかった「レジーア」シリーズです。ピエロ氏が言うように、時の経過と共に美しさを増し、味わいを深めていく経過をお客様もお楽しみいただき、長くご愛用いただければ幸いです。

 

公式オンラインショップ
https://shop.rustica-indeed.com/products/list?category_id=57

楽天オンラインショップ
https://item.rakuten.co.jp/rustica/c/0000000513/

 


INDEEDオフィシャルサイト
INDEEDフェイスブック

≪直営店≫
rusticaラスティカ   ラスティカ ホームページ 
〒151-0063 東京都渋谷区富ヶ谷1-9-15
phone&fax: 03-3467-4005
営業時間 11:00~19:00 定休日/日祝日

indeed博多阪急店 INDEED in FUKUOKA ブログ
〒812-0012 福岡市博多区博多駅中央街1-1 博多阪急6F INDEED
phone: 080-4104-4197
営業時間 10:00~21:00

30周年パンフレット

30周年を記念したパンフレットをWEBで公開!

画像をクリックもしくはタップしていただきますと拡大いたします。
是非INDEEDスピリットを感じてください。

 30周年記念_p2-3

 

30周年記念_p4-530周年記念_p6-730周年記念_p8-930周年記念_p10-11

表示価格は2017年11月に作成時のものとなります。

INDEEDの公式 オンラインストアOPEN!

今年の11月でINDEEDは30周年を迎えます。
これを機に、そしてよりINDEED製品を身近に感じていただきたいとの思いから“公式 オンラインストア”をスタートいたしました!

↓公式オンラインストアはこちらより
https://shop.rustica-indeed.com/

カードケースオープンを記念して、キャンペーン期間中に会員登録をして頂いたお客様に、もれなくINDEED製品に使用している革を用いた“カードケース”をプレゼント致します。もちろん、すでにご登録いただいた方にもプレゼント!

会員登録でもれなく
“INDEEDカードケースプレゼントキャンペーン”

期間:2017年10月31日(火)まで

 

残念ながらカードケースの色はお選びいただけませんが、10月中旬より順次発送させていただきます。

会員登録していただきますと、
◎お得なキャンペーン情報
◎SALE情報
◎廃盤品や店頭戻り商品のアウトレット情報
◎会員様限定割引情報

などなど、いち早くメールマガジンにて配信させていただきます♪

商品をご購入していただかなくても会員登録は可能です。
この機会にぜひご登録ください。

↓会員登録はこちらより
https://shop.rustica-indeed.com/entry

 

またこの他にも、下記のショッピングサイトにてINDEED製品をご購入いただけます。

【楽天ショッピングサイト】
https://www.rakuten.ne.jp/gold/rustica/index.html

【amazonショッピングサイト】
https://www.amazon.co.jp/INDEED-%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%89/b/ref=dp_apparel_byline_ety_s?ie=UTF8&node=2937470051&field-lbr_brands_browse-bin=INDEED%28%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%89%29

【アスカショップ】
https://item.rakuten.co.jp/askashop/c/0000001981/?s=1&i=1

 

今後ともご愛顧のほどよろしくお願いいたします。

No.16 センプレシリーズ2016年秋に発売スタート!

ここ数年続いているリュックサックブーム。
東日本大震災以降、万が一のことを考えて通勤にリュックサックを使用する方が増えましたが、今やファッションアイテムがリュックサックという時代。スーツ姿にも全く違和感がなくなったというのも不思議です。2016年秋に発売をスタートした“センプレ”シリーズには、タイプの違うリュックサックが2型ラインナップ。とても軽量で使い勝手抜群です!

大容量&本革製リュックサックなのになんと!重さ850g

センプレ 本革リュックサック

センプレ 本革リュック両サイドにペットボトルや折りたたみ傘などが収納できるようマチ幅を14cmと広めにしています。オンビジネスはもちろん小旅行や仕事帰りのジム通いなどにもとても重宝します。

また、BOX型なので効率よく荷物を収納でき、頻繁に出し入れするスマフォや手帳類はアウトポケットへ。お財布などの貴重品は背側のファスナーポケットへ収納すれば安心です。
大容量だと、重さや強度が気になるところですが、ハンドルはしっかり持てるように硬めの芯材を使用し、型紐や背側にはフィット感を重視した芯材を用いていますので快適にお使いいただけます。
また、軽さを重視し、薄手の革を使用しておりますので、補強には十分配慮していますが、乱暴にお使いいただくと破損に繋がります。できるだけ大切にお使いいただきたいと願っています。

センプレ 本革リュック

センプレ 本革リュックカラーは3色をラインナップ。
今年流行のカーキが今のところ一番人気ですが、安定のブラック、そしてスタイリングのアクセントとして、また旅行などにお勧めなのがダークオレンジ。明るい色は気分を高揚させてくれます♪

“センプレ”シリーズのポイント一つは、ファスナー引き手やマーク部分にINDEEDを代表する“ボルサ”シリーズのイタリアンオイルレザーを使用していること。本体の革は、傷きつにくく、雨などにあたってしまっても変化しにくい革ですが、イタリアンオイルレザーは擦れるほどにツヤがあがり経年変化をしますので、実用的なバッグでありながら、革らしさも一緒に楽しんでいただけます。

センプレ 本革リュック

■商品番号:417204 センプレ トートリュックサック
■サイズ:約W300×H360×D140mm
■重量:約850g
■50,000円(本体価格)

楽天ショッピングサイトへ
amazonショッピングサイトへ


重さ650gと超軽量!薄マチDパック型は、オールマイティーな使い心地♪

センプレ 本革リュック

ナイロン製や生地物のリュックサックは多種多様販売されてはいるものの、革製は数が少なく、お探しの方も多いはず。
また、今年は薄型でシンプルなフォルムのものが流行の兆し。大きいと何でも入れてしまって重くなる一方ですので、この際いつも持ち歩くものをコンパクトにして、こんな薄型のリュックにしてしまうのはいかいかがでしょう?

この薄マチDパックは、三方開きで口開きがよく、A4クリアファイルが入るので仕事にはもちろん、休日の散策やお出かけにも最適です。使い勝手が良いのはもちろん、何といっても軽さが最大の特徴!オールレザーなのでちょっとかしこまった席でも違和感がなく、男女関係なくお使いいただけます。また、適度な柔らかさと張りを持つ革だからこそ、背側や型紐に入っているクッションが体に程よくなじみ、快適性を高めています。

センプレ 本革リュック

■商品番号:417203 センプレ リュックサック
■サイズ:約W270×H350×D110mm
■重量:約650g
■43,000円(本体価格)

楽天ショッピングサイトへ
amazonショッピングサイトへ


スリム&軽量レザーウェストポーチ。
適度な柔らかさの革質が体に馴染んでGOOD!

300gと超軽量で、まるでナイロン製のバッグのような軽やかさ。
メインのファスナー部分にはアールが付いているので、口開きも良く、出し入れも楽チン。背側にはファスナーポケットがあり、パスポートなどの貴重品を入れるのに重宝します。

センプレ 本革ウエストポーチ

■商品番号:417200 センプレ ウエストポーチ
■サイズ:約W320×H160×D45mm
■重量:約300g
■29,000円(本体価格)

楽天ショッピングサイトへ
amazonショッピングサイトへ


ありそうでなかった!ダブルファスナーの縦型ミニショルダーバッグ♪
うれしいハンドル付き。

ipadミニや長財布も楽々収納でき、コンパクトなのに意外と収納力が高いショルダーバッグです。
広範囲で長さ調節が可能なショルダーストラップにより、斜めがけしたり、短くしてワンショルダー風に持っていただくなど使い方いろいろ。家族で兼用するのも良いかもしれません。

sempre-blog-9

■商品番号:417201 センプレ 縦型ミニショルダー
■サイズ:約W170×H220×D855mm
■重量:約400g
■33,000円(本体価格)

楽天ショッピングサイトへ
amazonショッピングサイトへ


根強い人気のあるダブルファスナーのB5サイズ横型ショルダーバッグ。
オールレザーでなんと450g!

頻繁に出し入れをする物は口開きが良い前方ブースへ。ペットボトルなどの重量があるものや厚みがある物は後方へ。(345mlのミニペットボトルは立てたままで収納可能)握りやすいハンドルや背側のオープンポケットはかなり重宝する機能。使い勝手抜群です♪

sempre-blog-10

■商品番号:417202 センプレ 横型ミニショルダー
■サイズ:約W280×H195×D70mm
■重量:約450g
■36,000円(本体価格)

楽天ショッピングサイトへ
amazonショッピングサイトへ


幅広いシーンで使える程よい大きさのボストン型。
オールレザーなのに驚きの750g!

ハンドルの長さは、コキと呼ばれる金具でショートからロングまでお好みに合った長さに調節可能です。ファスナーエンドのジョイント部分を変えることでBOX型からバケツ型へイメージチェンジ♪ 両サイドのポケットにペットボトルを入れて仕事に旅にスポーツにGO!

sempre-blog-11

■商品番号:417205 センプレ トートボストン バッグ
■サイズ:約W380×H300×D155mm
■重量:約750g
■48,000円(本体価格)

楽天ショッピングサイトへ
amazonショッピングサイトへ

No.15 革付属ナイロンバッグのメンテナンス♪

女性に人気のARIAシリーズのリュックサック。
伊リモンタ社の高密度ナイロンにヌメ革を組み合わせたとても軽量&使い勝手の良いリュックサックです。

blogヘッダー2

昨年の今ごろ、スペイン旅行のお供をしてからヘビーローテーションで使用していた赤いリュックサック。
使いやすいとついつい同じバッグばかり使ってしまいますよね。
さすがに1年間もメンテナンスせずに使い続けるとユーズド感が良い味というより、古びた感じになってきてしまったのでメンテナンスを決行しました!

まずは革部分の色メンテナンス。
よく擦れる箇所の革の表面が削れて白っぽくなってしまっていました。

page4

市販の染料『ローパスバチック』(Tハンズさんやネットでも購入できます)のチョコレート色を布につけて、削れている部分には特に多めに、そして全体的に塗ります。(この時、ナイロン部分に染料がつかないように注意してください。)そして、染料が乾いた後、保革油をまんべんなく塗って終了です♪
写真ではわかりにくいかと思いますが、色もコックリとしてかなりいい感じになりました(^◇^)

革についての色メンテナンスの仕方について、以前のブログで詳しく説明しておりますのでそちらをご覧ください。
http://www.yes-indeed.com/blog/category/maintenance/

 

汚れcropナイロン部分は気になるほどは汚れていませんでしたが、こちらは、薄めた中性洗剤(今回は食器洗い用洗剤)を浸み込ませた布で叩くように拭き、その後、洗剤のヌルヌル感なくなるまできれいな水ですすいだ布で何度か拭き、陰干し状態で乾燥させました。
写真の白い汚れなども無くなりキレイになりましたが、何よりさっぱり感が違います(^-^)/
(淡い色のナイロンは、洗剤が残留することで”黄ばみ”の原因となりますので、しっかりと洗剤を落としてください。)

 

 

メンテナンス商品そして最後には防水スプレーをひとかけ。
リモンタ高密度ナイロンは、弱撥水加工が施されていますが、やはり1年も使用していると水の弾きが悪くなります。
また、大雨の際などにはステッチの針孔から水が浸み込んでしまいます。防水スプレーをかけていてもそれは避けられませんが、梅雨の季節やゲリラ豪雨が増える夏場にはナイロンバッグも防水スプレーの使用をお勧めします。

INDEEDでは、色メンテナンスの修理も承っております。まずは、写真を添付してメールにてお問い合わせいただきますと時間が短縮できます。ただし、革の劣化が激しい場合はお断りする場合があります。

■修理のお問い合わせ窓口

Tel: 03-5465-6538
E-mail: inf@yes-indeed.com

 

【修理について】

http://yes-indeed.com/repair.html

【スペイン旅行記】
http://www.yes-indeed.com/blog/category/%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%99%E3%83%AB/

【楽天ショッピングサイト】ARIAリュックサック
http://item.rakuten.co.jp/rustica/10000542/

No.14 カスタムメイドのトートバッグ  組み合わせ72パターン♪

INDEED『2015 Spring & Summer カスタムオーダーイベント』のご紹介です。
今年3月の博多阪急INDEEDショップを皮切りにスタートし、ご好評を得ているイベントです。

素材&カラーをセレクトして、自分だけのオリジナルトートバッグを作っていただけます。

アイテムは、これからのさわやかな季節に一つは欲しいトートバッグ2型♪
オンオフどちらでも出番が多いと思われるやや大きめなトートバッグと、
小ぶりながらA4サイズの書類も収納できるトートバッグをご用意しました。

レザーハンドルは4段階長さを調節できるので、ロングのまま肩にかけるも良し、短かめにしてハンドで持つなど気分やスタイリングに合わせて自在に変更してお使いください。また、家族やカップルで兼用することも可能ですので一つあると重宝するトートバッグです!

POPoutline

≪本体素材は3素材からセレクト≫
・麻混のシャリ感が良い味となっているオフ白キャンバス生地。
・INDEED定番のネイビーのバイオウォッシュ加工を施した綿キャンバス素材。
・人気の迷彩柄をプリントしたボリューム感のある合皮。

≪レザーハンドル6色からセレクト≫
栃木レザー(株)の本ヌメ革一枚使いです。色はキレイなオレンジやブルーが人気です。
(一部写真と実物の色が異なっていますのでご了承ください。)

≪バックルは2色からセレクト≫
シルバー色とゴールド系(真鍮色)の2色からお選びいただけます。

素材やカラーは組み合わせ次第でイメージがガラリと変わります♪
お気に入りの洋服やシューズに合わせて自分だけのトートバッグを作ってみませんか?

小サイズ 300×260×140 ¥13,000~¥15,000
大サイズ 320×350×160 ¥15,000~¥17,000

 

【 展開店舗&時期一覧 】

4/23-26   博多大丸 本館4F エレベーター前
4/29-5/12  JR名古屋髙島屋 7階 紳士雑貨かばん
4/29-5/10  コレット井筒屋 5F 紳士バッグ売場
4/29-6/21  下関大丸 4F 紳士バッグ売場
5/19-26   山形屋 1号館2F メンズバッグ売場
5/20-6/2   髙島屋横浜 6F 紳士カバン売場
6/3-6/9   髙島屋大阪 2階 紳士雑貨 かばん
5/27-6/16  伊勢丹本店 B1階 バッグ&ラゲッジ
6/3-6/21   銀座三越 7階 紳士雑貨かばん
6/3-6/21   佐賀玉屋 本館5F 紳士鞄売場
6/10-14    東武 池袋店 5F 4番地 紳士カバン売場
6/10-14     広島三越 5F メンズバッグ売場

No.13 日本初の高機能素材を使用した『アンフィス』シリーズ

2015年春、INDEEDに新しくラインナップされた『アンフィス』シリーズ。
実は、日本の皮革業界において画期的な素材を使用しています。

new

 

この素材は、革の裏側にポリウレタンシートを熱で圧着し内装地が不要となるため、ノンライナーレザーと呼ばれていますが、このシートは、他のものより防水性透湿性に優れ、伸縮性に優れているため剥離しにくく、まさに高機能素材といえます。

_MG_5804crop2この優れたシートは、世界に顧客を持つ先駆者的存在の小松精練(株)が開発したもので、日本を代表する姫路市のタンナー(株)山陽で革に張り合わせていただいています。

このシートを貼った素材は、もともとは海外の有名なアウトドアブランドのシューズなど用に開発され、高機能素材として評価も高く、海外での生産現場では、このシートを貼る大型の機械を導入し、大々的に生産されているようです。それを日本国内では初めて(株)山陽が挑戦し、工場にある機材を用い試行錯誤を繰り返し、完成させていただきました♪

 

今まで国内で生産されていた似たような素材で、床革(革を二層に分割した時に出てくる下層の革。牛革の銀面(表皮)がない残り物の革)にポリウレタンシートを貼って表使いしているスプリットレザーというものはありましたが、こちらは貼れる幅が狭く、ステア革などの大きめな革全体に貼ることは不可能でした。しかし、このシートは革裏すべてに貼ることが可能な上、高機能!その上燃焼してもほとんど毒性を発生することがない環境に優しい素材ということです。
物づくり日本ここにあり!といった素材ですね。

 

革はもちろん!シュリンクの型押しを施した(株)山陽製の銀付きの牛革を用いています。今年の流行色であるイエローやアイスグレーの色をクリアに表現するため、カバーリング力の強い仕上げをしていますので、汚れやキズもつきにくくなっています。

_MG_3198crop

この『アンフィス』シリーズのトートバッグ2型の最大の特徴は、中仕切りが取り外し可能なことです。
トートバッグは何でも放り込む感覚で使える気軽さが特徴ですが、書類などを入れると中で倒れてしまい、イラっとしたことがありませんか?そんな時に中仕切りがあると大きく倒れたり、物が底の方に溜まってしまうことも避けられるのでストレスが少ないといえます。また、この中仕切りには、片面にはオープンポケット、片面にはファスナーポケットがついていますので、こちらに細々したものを仕分けて収納いていただければ、整理整頓がしやすく快適です。

中仕切りを取り外していただけばシンプルなフォルムのトートバッグとしてお使いいただけます♪
オールレザーなので、カジュアルな装いに合せてもどこかキチッと感がでますし、年齢や性別関係なくお使いいただけますので、一つあるととても便利なトートバッグといえます。

 

【 展開店舗&時期一覧 】

4/15~   伊勢丹新宿店メンズ館B1F
4/23~   大丸福岡天神店 本館4F 紳士鞄売場
4/25~   佐賀玉屋 本館5F 紳士鞄売場
4/25~   広島三越 5F メンズバッグ売場
4/25~   久留米岩田屋 新館2F 紳士バッグ売場
4/25~   TECRA (なんばシティ本館B1)
4/29~   髙島屋横浜店
4/29-5/12 JR名古屋タカシマヤ 7階紳士雑貨かばん
5/1~   大丸東京店
5/19-26  山形屋 1号館2F メンズバッグ売場

No.12  年の瀬に

今年もあっという間に年の瀬を迎えてしまいました。

今年一年、INDEED製品をご愛顧いただいた皆さん、
そして販売していただいている得意先の皆さん、ご協力いただいた仕入先の皆さん、大変お世話になりました。
この場をかりて、御礼申し上げます。
また、思いつくまま書き連ねているようなブログに訪れていただた皆様にも感謝申し上げます。

 

INDEEDにとっての今年一番の出来事といえは、BagYard立ち上げに参画したことだと思います。

平成26年4月、BagYardは、皮革産業界の活性化を図り、同業、異業種、『革好き』の方々が垣根を越えて交流することを目的とし、発足した団体です。革についての勉強会や、小物を作るワークショップ、栃木レザーさんへの工場見学など、月に2回ほどのペースで勉強会を開催しています。

page

多方面の方々に参加していただき、ありがとうございまいた。

 

またBagYardの目的の一つは、勉強会を通して知識を深め、スキルを高めていただくことで、
次の世代へメイドインジャパンの技術と誇りを伝承していくことです。

こちらの方も微々たるものですが前進しております♪
実は、約8ヶ月経過してやっと気づいたのが、技術を継承していくには「教える人がいて、教えてもらいたいと思っている人がいなければ成り立たたない!」ということでした。
そこで、12月上旬に数人の職人さんが集まって『Craftman’s Bench』というグループを結成しました(^。^)/

ちょっとした技やコツでも、教えてもらえることで時間的に短縮でき、出来栄えも数段の差がつくものです。

職人・クリエーター・作家さんなどの参加者を募集しています。
興味のある方は、とりあえずメールかFAXでお問い合わせください。
【 問い合わせ先 】Mail:info@bagyard.jp/Fax:050-3730-6771

【facebook】  https://www.facebook.com/pages/Bagyard-Craftmans-Bench-/598938406919043

 

DM1のコピー職人さんは日夜物作りに励んでいますので、意外と横のつながりが少なく、情報不足ということですので、
仕事の合間にちょっとベンチに集まってこんな時どうしてる?良い道具を見つけたよ、などと情報交換や交流が出来る場になってほしいということで『Craftman’s Bench』と命名されました。

 

 

 

DM2

グループで以下のような活動をしていきたいと考えています。

1, SNSを活用した情報交換&広報活動
2, 定期的な意見交換会の開催
3, 名工の技術を受け継ぐ勉強会の開催
4, 合同展示会・合同出展、販路の開拓など

ゆるーいグループですので是非ご参加ください(^_^)/~

 

 

 

バッグヤード主催の勉強会には、皮革産業に携わる方ならどなたでも参加していただけます。今後の勉強会の内容や過去の勉強会の模様は、バックヤードwebsiteの” 勉強会 ”” ブログ”をご覧ください。

www.bagyard.jp

 

来年もワクワクすることが盛りだくさんになりそうです♪
ブログの方も、もっと深堀したINDEEDネタも掲載してまいりますので、
来年もよろしくお願いいたします。

デザイナーFoo

No.11 トスカーナ産植物タンニンなめし革協会イベントに出席してきました♪

白ヌメ
毎年行われているトスカーナ産植物タンニンなめし革協会のイベント。今年は12月11日、九段下にあるイタリア文化会館で行われました。

1Fエキジビションホールに入った途端、タンニン鞣し革の麗しい香りに包まれました。

写真のように無造作に重ねられた染色前のクラスト生地(白ヌメ)触ってみると微妙に色や風合いが違っていましたが、みなナチュラルな表情の革好きにはたまらない革ばかり。内緒で1枚ぐらい分けてもらいたかった~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

page

1Fエキジビションホールには

”Claft The LeatherーBispoke Edition”という新教育プログラムに参加した学生のベジタブルタンニン鞣しレザーを用いた作品の展示&職人によるデモンストレーションも行われました。

作品のハンバーガーはまるで本物のバンズのようですよね~
ヌメ革には可塑性という特徴があり、たとえば水に濡らして型にはめ込み乾かすとその型に沿って変形し、元に戻らなくなります。
その特性を利用したオプジェのような芸術品もあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レミ会長

16:00から開催されたセミナーでのシモーレ・レミ会長のお話では、イタリアの小さいタンナーは、日本と同様に厳しい状況のようです。

生産地がアジアに移動してしまった以上、いくら革のトップランナーであるイタリアといえ、大資本にはかなわないということなのでしょうか?

言葉は聞き取れなかったとしても、シモーレ・レミ会長のベジタブルタンニン鞣しレザーへの情熱や切なさ、守らなくてはならないという思いが伝わってきて胸が熱くなりました。

 

しかし時代には逆らえないようで『モノよりコト』にシフトするような気配。。。
協会所属のタンナーやメーカーの工場見学+トスカーナの大自然、食を堪能できるツアーを募集するとのこと。
職人が観光大使になるということですね(^。^)/
この頭の柔軟さは日本も見習いたいものですね~。

お土産
出席者がもれなくいただいたパンフレットやお土産は、さすが!イタリア!といった質も品もナイスな品々でした。
パンフレットは紙の素材から、イラスト、印刷まで凝った作りで、さすがレオナルドダビンチ巨匠系譜の国民性だと感心するばかり。
そしてダイアリーとメモ帳、鉛筆(?)のような筆記具、クラッシックな部分を踏襲しながらイタリアンモダンが息づいている品々。
この分野は全くかなわないな~と実感。どこか余裕があるんですよね♪

世界文化遺産になった和紙の国もがんばらねば。

 

また、今回はもうひとつミッションがありました。イタリアからインポートする革の今後の動向を聞き出すこと。

そこで、18:00から始まったカクテルパーティーで、アルコールは入ってより陽気になった協会理事パオロ・テスタさんに
質問してみました。(もちろん通訳さんを通してですが)すると、
『今後6ヶ月は革の値上げはないだろうが、その先は全く読めない。』とのこと
やっぱり。。。
来春には国内の革も再再度値上がりするといわれていますが、これは円安に加え、原皮の値段が高止まりするどころかまだ、微妙に値上がりし続けている状況があるためで、イタリアとて原皮が高いのは同じことですから。
(イタリアの場合はウクライナ問題で関係が悪化しているロシアからの原皮の輸入が滞っているためとの情報も、、、)

 

ボルサイメージボルサシリーズのイタリアンオイルレザーは、現在円安のため前回入荷時より10円/1dsほど単価が上がっています。
その上、TEMPESTI社からは発注ごとに単価を見直す可能性があると通達されているのであります。トホホ。
(10cm×10cm=1ds)
このところの円安が続けばインポート革は厳しいーーー

円安の影響で儲かっているのは大企業ばかりかと(;一_一)
今後も皮革産業界及び中小製造業は厳しい日々が続きそうです。

 

トスカーナ産植物タンニンなめし革協会イベントの内容はBagYardブログにも掲載されています。

http://www.bagyard.jp/wp/%E3%83%88%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%8A%E7%94%A3%E6%A4%8D%E7%89%A9%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%81%AA%E3%82%81%E3%81%97%E9%9D%A9%E5%8D%94%E4%BC%9A%E3%82%A4%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%88/

楽天ショッピングサイト【ボルサシリーズ】
http://item.rakuten.co.jp/rustica/c/0000000307/

 

デザイナーFoo!

No.10 Bagの色メンテナンス

11月25日(火)~29日(土)の期間、

祝!INDEEDブランド27周年記念イベントとして、代々木公園そばの直営店『rustica』にてINDEED製品に限り、簡単な色メンテナンスをその場でさせていただきます.

簡単なものなら無料!です♪

時間がかかってもいいからしっかり色を入れて欲しい、または修理したいという方は、有料となりますが、お預かりしてお直しをさせていただきます。

メンテナンス週間その上、29日(土)11:00~19:00 1日限定

レザーのクリーニング&リペア専門であるレザードクター:ユニタスファーイースト社のスタッフが直接お客様のご要望をお聞きし、お直しを承ります。

こちらはINDEED製品に限らずバッグはもちろん、愛着があって手放せない靴、レザージャケットなども承ります。色メンテナンスだけでなく補修、修理なども同時に受け付けていただけますので、お近くの方是非!この機会をご利用ください。

rusticaラスティカ
〒151-0063 東京都渋谷区富ヶ谷1-9-15
phone&fax: 03-3467-4005
営業時間 11:00~19:00定休日:日祭日
 http://rusticahome.web.fc2.com/

 

 INDEEDブランドは皆様のおかげをもちまして今年で27周年を迎えることが出来ました。27年間ずっとバッグを作り販売しているということは、それを購入してお使いいただいているお客様も同じ数だけいらっしゃるという訳ですね~。ほんとうにありがたい!いつもご愛用ありがとうございますm(__)m

時々、そんなご愛用いただいているお客様から変わった相談が持ち込まれます。

写真のジャスティシリーズのブリーフケースですが、見事な液だれ。。。初めて拝見した時には絶句でした(-“-) 背側はなぜか下方のみ色が黒ずんでいます。型崩れしていないので、大切にご使用いただいていたとは察しがつきますが、どうしてこうなってしまったのか、それもハンドルの経年変化からしてかなりお使いのご様子なのに、本体は汚れ部分以外はまるで新品同様の質感???

page1

 

 

 

white

残念ながらこれは手におえないと判断。レザードクター:ユニタスファーイースト社に早速依頼し、数週間後出来上がりを見てみると、

あらら、びっくり\(◎o◎)/!新品のようです。

 

page2

 

white

しかし、革好きのスタッフが揃っているINDEED。

皆、仕上がった商品を見て「わーキレイ♪すごいですね~、、、、、」その、、、、、にはいる声にならない想いは、そうです!イメージが変わってしまったなぁ~という言葉です。

どうしてもあれだけ濃いシミをこれだけ明るい色にお色直しするには、女性のファンデーションと一緒でカバーリング力が高い顔料を使用しなければなりません。そして顔料を使えば必ず革らしさを失います。それでもレザードクター:ユニタスファーイースト社の技術力、丁寧さは脱帽ものです。

INDEED製品は経年変化を楽しめる革が多いため、ほとんどが染料仕上げです。その為、色メンテナンスをお受けする場合には革の質感があまり変わらない染料によるお直しをお勧めし、ほとんどのものを社内でメンテナンスしています。写真のようなカバーリング力が必要な顔料を使用する場合はそれなりの設備が必要ですので、レザードクター:ユニタスファーイースト社に依頼することになりますが、こちらはお直しのプロフェショナルですので、染料、顔料染め、しみ抜きや、修理まで受け付けています。

レザードクター:ユニタスファーイースト社には東京と姫路に直営店があります。詳しくは下記のwebsiteをご覧ください。

http://www.the-leatherdoctors.com/mente/

 

INDEED製品の色メンテナンス・修理をお考えの方は、お買い求めいただいた店舗や、INDEED直営店にてご相談ください。また、メール・お電話でのお問い合わせも承っています。

 E-mail:inf@yes-indeed.com / tel:03-5465-6538

 

また、染料と顔料仕上げの違いは下記のようになっています。

 ≪ 染料仕上げ ≫

革本来の風合いを生かす為の染色方法です。自然な透明感があり、色の奥行きが出やすいという特徴がありますが、日差しなどにより退色しやすく、革が持つ傷などもカバーすることも出来ません。その代わり、通気性がよく、経年変化を楽しめる革が多いという特徴があります。(市販の染料で補修することも可能です。詳しくはNo.6ブログをご覧ください)

≪ 顔料仕上げ ≫

発色性がよく、塗膜を作るので水ジミなども出来にくく、傷も付きにくい仕上げです。カバー力にも優れています。ただし、深く傷がついてしまうと下地が出てきますので補修が必要となります。

私がこの違いを説明するときよく使う話として、

「顔料はペンキのようなもの。はがれたら下地が出てきてしまうのでまた塗り直すしかない。それに対して染料はジーンズの藍染めのようなもので、洗濯することで色が変化していくがそれが味となる。そして再染色も可能である。」というものです。少しはご理解いただけるでしょうか?

 

ジャスティ2

使い込むことで独特の色合いや風合いに育つ革を多く用いているINDEED製品。

より愛着を感じる素晴らしい革にしていくためにも、使い手が革の状態を見ながら手をかけていただくことが大切です。

今後も、メンテナンス方法や取り扱い方など掲載してまいりますので、どうぞ末永くご愛用いただけますようお願い申し上げます。

 

INDEEDwebsite『メンテナンス』

http://yes-indeed.com/maintenance.html

デザイナーFoo

Older posts