2015年春、INDEEDに新しくラインナップされた『アンフィス』シリーズ。
実は、日本の皮革業界において画期的な素材を使用しています。

new

 

この素材は、革の裏側にポリウレタンシートを熱で圧着し内装地が不要となるため、ノンライナーレザーと呼ばれていますが、このシートは、他のものより防水性透湿性に優れ、伸縮性に優れているため剥離しにくく、まさに高機能素材といえます。

_MG_5804crop2この優れたシートは、世界に顧客を持つ先駆者的存在の小松精練(株)が開発したもので、日本を代表する姫路市のタンナー(株)山陽で革に張り合わせていただいています。

このシートを貼った素材は、もともとは海外の有名なアウトドアブランドのシューズなど用に開発され、高機能素材として評価も高く、海外での生産現場では、このシートを貼る大型の機械を導入し、大々的に生産されているようです。それを日本国内では初めて(株)山陽が挑戦し、工場にある機材を用い試行錯誤を繰り返し、完成させていただきました♪

 

今まで国内で生産されていた似たような素材で、床革(革を二層に分割した時に出てくる下層の革。牛革の銀面(表皮)がない残り物の革)にポリウレタンシートを貼って表使いしているスプリットレザーというものはありましたが、こちらは貼れる幅が狭く、ステア革などの大きめな革全体に貼ることは不可能でした。しかし、このシートは革裏すべてに貼ることが可能な上、高機能!その上燃焼してもほとんど毒性を発生することがない環境に優しい素材ということです。
物づくり日本ここにあり!といった素材ですね。

 

革はもちろん!シュリンクの型押しを施した(株)山陽製の銀付きの牛革を用いています。今年の流行色であるイエローやアイスグレーの色をクリアに表現するため、カバーリング力の強い仕上げをしていますので、汚れやキズもつきにくくなっています。

_MG_3198crop

この『アンフィス』シリーズのトートバッグ2型の最大の特徴は、中仕切りが取り外し可能なことです。
トートバッグは何でも放り込む感覚で使える気軽さが特徴ですが、書類などを入れると中で倒れてしまい、イラっとしたことがありませんか?そんな時に中仕切りがあると大きく倒れたり、物が底の方に溜まってしまうことも避けられるのでストレスが少ないといえます。また、この中仕切りには、片面にはオープンポケット、片面にはファスナーポケットがついていますので、こちらに細々したものを仕分けて収納いていただければ、整理整頓がしやすく快適です。

中仕切りを取り外していただけばシンプルなフォルムのトートバッグとしてお使いいただけます♪
オールレザーなので、カジュアルな装いに合せてもどこかキチッと感がでますし、年齢や性別関係なくお使いいただけますので、一つあるととても便利なトートバッグといえます。

 

【 展開店舗&時期一覧 】

4/15~   伊勢丹新宿店メンズ館B1F
4/23~   大丸福岡天神店 本館4F 紳士鞄売場
4/25~   佐賀玉屋 本館5F 紳士鞄売場
4/25~   広島三越 5F メンズバッグ売場
4/25~   久留米岩田屋 新館2F 紳士バッグ売場
4/25~   TECRA (なんばシティ本館B1)
4/29~   髙島屋横浜店
4/29-5/12 JR名古屋タカシマヤ 7階紳士雑貨かばん
5/1~   大丸東京店
5/19-26  山形屋 1号館2F メンズバッグ売場