インディード メールマガジン

[2010年12月27日]<INDEEDセカンドラインデビュー!>
次の記事へ前の記事へ

こんにちは、デザイナーFooですッ。
久々のメルマガ配信です!

今回は、「INDEEDセカンドラインデビュー!」までの経緯です。
私たちの新ブランド立ち上がりまでの悪戦苦闘ぶりをゆっくりご覧ください。

本年もご愛顧ありがとうございました。

------------------------------------------------------------

満を持してINDEEDのセカンドラインがデビューいたしました。
今回、新ブランドを立ち上げるにあたりブランド名を社員に公募しました。
アレやコレや アイディアを持ち寄って揉みに揉んだ末、最後に全員一致で決定した

『PER TUTTI da INDEED』=『ペル トゥッティ ダ インディード』

初めの頃、年配の方だと舌をかみそうと不評でしたが、現在はすっかり馴染んでおります。

直訳すると「INDEEDより皆さんのために...」となりますが、本物志向の バッグをもっと気軽に楽しんでいただきたい、もっと革製品を身近に感じていただ きたいという想いから命名いたしました。

トレードマーク

マークも自社で考案しましたが、トカゲがまるでぶどうを食べているように見えませんか?

INDEEDのトレードマークであるトカゲとPとIのイニシャルを組み合わせています。ネーミングが決定でするまでにいくつか出てきていたキーワード『豊穣』『収穫』 『繋がり』から発想し、太陽がふりそそぐイタリア、つるが絡み合ったぶどう畑の中で、トカゲがぶどうをはむ姿をイメージしてデザインしました。

INDEEDをベースにペルテゥッティが大きく葉を繁らせ豊かな実りをもたらす。それをみなさんに享受していただきたい。それが私どもの願いです。


トップページで紹介しているレガールシリーズの最大のポイントは、蓄光糸を使用していることです。

この糸を製作するにあたり、手探りの状態の中、奇跡的な出会いやスリルのある展開を経て、何とか製品の販売にこぎつけました。しかし、現時点でもまだ完成形には至っておりません。

そんな中、ご協力いただいた撚糸会社の社長さんの人柄に救われ、物づくりに対する姿勢に頭が下がる思いがしました。

たった1日でサンプルを製作していただき『勤労感謝の日に大好きな仕事をしています』というメッセージを添えて送付していただくようなとってもチャーミングな社長さんです。

まだまだ日本の物づくりは捨てたものじゃないと確信した次第です。

製品の滑り出しも好調で、メーカーさんや協力していただいた方々との一体感、やり遂げたという充実感で心の底から喜びがわいてくる感じがいたします。

これだから物づくりはやめられません。そんなこんなで今年も暮れようとしています。

みなさま良いお年を、心よりお祈り申し上げます。